読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後悔には、いつも何かが少し欠けている

思ったこと

好きと言えないまま会えなくなった人がいる。

そんなあの人にそっくりな学生とすれ違った。

もしかしたら、あの人の娘さんかもしれないね。

 

 

どんな人と出会い、どんな人と結婚し、どんな毎日を過ごしているのだろう?

もしもあの時、僕が好きと伝えていたらどうなっていたのだろうか。

あれから20年以上経った今でも、ふとそう思う時がある。

 

 

言えなかった、一言。

これほど解りやすい後悔はない。

 

 

思えば後悔には、いつも何かが少し欠けている。

僕の場合は少しの勇気。

 

 

でもまあ、今が良ければすべてチャラだ。

 

 

f:id:satobou-t:20170301124335j:plain