読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間の言葉、さみしさ

思ったこと

むかし、人に言葉はなかった。

きっと、最初は何もなかった。

やがて、アーとかウーとかオーという、殆ど音に近い声がうまれた。

そして、いつしか言葉になった。

 

 

言葉は地域によって違う。

世界にはいくつもの言葉があるし、日本の中にでも方言という言葉の違いがある。

それは地域に合わせ、意味に合わせ、最適な発音やスピードになったそうだ。

イエスとノー、ハイといいえ。

よく使う言葉はきちんと短い。

 

 

人間が言葉を使うのは、生物としての種の生存競争に勝つ手段だろう。

だけど、やっぱり僕は伝えたい生き物なのだと思う。

紙とペンも、本も、ブログも、さいきん生まれたsnsですら、伝えたいから生まれたものだ。

 

 

昔の人も今の人も、きっと、みんなさみしい。

 

 

f:id:satobou-t:20170223163331j:plain