読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7年ぶりの2回目

思ったこと

2月から営業所をひとつ増やした。人通りもまあまあな場所なので、1/3のスペースを使って売り場も作った。こうやって新しい場所で何かを始めるのは、これで2回目だ。

 

1回目は7年前の3月。勤めていた会社を辞め、小さな雑貨店を始めた時。不安はもちろんあったけど、不安よりも期待、そして自信の方が強かった。

何とか出来る力もないくせに、「なんとか出来る」と思っていた。

まあ実際に今もこうやって仕事をしているんだから、「なんとか出来た」と言えるかも知れないけれど、思い描いていた世界とは随分と違った道のりだった。

「なんとか出来る」というよりは、「なんとかなった」という表現の方がぴったりだ。

 

今回、不安はない。

あの日の未熟な自分でも「なんとかなった」事を知っているし、そして仮に失敗に終わったとしてもダメージはほとんどないからだ。

でも、このワクワクの少なさは何だろうか?

あの日の期待と自信が、なんだか懐かしい。

 

経験は人を学ばせ、そして成長させる。

でも、何かを得た時、何かを失っているんじゃないだろうか?

この答えは、また7年後くらいに解るのかもね。

 

 

f:id:satobou-t:20170222153335j:plain

早く焼鳥屋のオーナーになりたいわー。